About/リンク雑記FF7プレイ日記DFFプレイ日記漫画R2感想00感想感想(他)バトン未分類テイルズ感想
現在激しく更新停滞中。いつものことか・・・
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.01 Mon
「10thアニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~」観て来ました。

歴代主人公3人が集結する映画ってことで随分前から楽しみにしていました。
一人だったらたぶん観に行かなかったけど遊戯王好きの友人が一人いて良かったぜ!!!!

一緒に行ってくれた友人との映画鑑賞はエヴァ破観たとき以来ですね。
いつもお世話になってますありがとう。



↓自分でも何を書いているのか分からない感想。ちょっと腐女子目線だから注意してね!↓



ぶっちゃけると十代のために観に行ったんだよね!
私はAIBOも蟹も十代も皆好きだけど、私は十代が一番好きです。可愛い。



ところで友人からの前情報で上映時間がかなり短いっていう事は知っていました。

しかしまさか49分だなんて・・・びっくりした。一緒に行った友人も吹いてた。
同時上映とか無しのガチ49分映画です。
こんな短い映画観たの今までの人生の中で始めてだってばよ!!!

しかもパンフもグッズも無いのかよ!!楽しみにしてたのに!!!!

大まかなあらすじは知っている上に49分しか上映されない、その上パンフも無いなんて・・・本当に10周年記念なの?と若干残念に思いながら観始めました。













   デ  ュ  エ  ル  し  よ  う  ぜ  









って言いたくなるぐらい熱い映画だった。

遊戯王はここぞと言うときにクオリティやばいの忘れてた。

作画の良さは予告編観たから分かってたけど予想以上だった。
ぬるぬる動くよ!
とりあえず手フェチの人は見るべき。

49分だから展開が早すぎではあるけど、展開が早いのは遊戯王ではいつものことでした。



ぶっちゃけるとデュエルの内容とかよく覚えていません。
モンスター召喚したりトラップカード出したりモンスター消したりマジックカード出したりいろいろ忙しかったもんで。


文章にしていくと混乱するのでデュエル前の印象に残ってることを箇条書きにしますね。言ってる事意味わかんないと思います。



・初っ端から十代登場で私と友人ニヤニヤして怪しかった


~遊星の時代~
・遊星可愛いな
・元キングって本編だと変人でアホだけど、映画でもちょっと変人だね
・ライディングデュエルかっこいいけど出番は1分ぐらいでした
・スターダストドラゴンがパラドックス(本名:田村淳)に奪われる。本編でも星屑ドラゴンは奪われたらしいね
・アキってどうみても紅月カレン
・満足同盟仲良いね!鬼柳さんも仲間にいれてあげてよ!
・元キングは良い説明役に成長しそうです。
・世界の崩壊を防ぐためにDホイールに乗って過去へ飛ぶ遊星さん


~十代の世界~
・十代は俺の嫁
・ユベルウウウウウウウウウウウ
・十代可愛いよ十代
・よく見たら十代は二十代だった
・遊星から奪った星屑ドラゴンで十代吹っ飛ばされたけど生きてる凄い
・遊星が十代に対して敬語で話してる。友人が言うには遊星は本編じゃ敬語なんて使わないらしい
・十代可愛いよ十代


~遊戯の世界~
・時間軸がいまいちよく分からない。ATMいるからED前だとは思う。
・パラドックス(本名:田村淳)のせいでペガサス死んだ
・パラド(略)のせいで双六死んだ
・町が破壊された時のAIBOのエロさは異常
・遊星とスタンドの赤い竜のおかげで30分タイムスリップ!




デュエルの方は主人公'sが優勢になったりパラドックスが優勢になったりで目まぐるしく展開していって追いつくのがとても大変でした。


王様は相変わらず揺ぎ無いです。
ブラックマジシャンは相変わらずイケメンでした。
ブラックマジシャンガールは可愛かったです。
ブラマジ出てきた時の十代の
「ブラマジきたああああああああああああああああ」には吹きました。何観客の言いたいこと言っちゃってんの!!


遊星は今回の映画の主人公でした。
そして星屑ドラゴンはヒロイン(誘拐されたし)
遊戯と十代はアニメでの実績通り、強い心をずっと持っていたのですが、遊星はまだどこか弱い心を持っていました。
まだ遊星は遊戯王の主人公の中でも成長途中だっていうことがよく分かる演出があって良かったです。
弱さを見せるところが主人公っぽいです。
その弱さを先輩である遊戯と十代が支えるシーンは全私が感動しました。
5D'sが終わる頃には遊星も遊戯と十代みたいになっているんだろうなぁ。


十代は最強でした。
今回の映画の中で一番強かったのは十代だと思います。
カードが強いっていうか、十代の対応が神がかってました。
十代は主にサポート役っぽかったんですが、十代が伏せたカードがありえないぐらい役に立ってたと思います。
何よりもスタンド(ユベル)がやばかった。
避けるのが難しい攻撃が襲ってきてテンパりそうな遊戯と遊星を横目に


「十代、よけろ」


とか命令して、命令通り十代が攻撃防いじゃうところはかなり見どころ。




パラドックスのデッキはチートだと思います。
まず常人が真似するのはかなり難しそうなデッキでした。
Sin(シン)デッキとでも言うんですか?
遊星から奪った星屑ドラゴンを生贄にして「Sinスターダストドラゴン」っていうのを召喚するシーンは観ていて悲しかったです。

パラドックスがレインボードラゴン?っていう奴を召喚したときは隣に座っていた友人が呻いたから何だろうと思ったら虹色ドラゴンは十代のお友達のヨハンのカードだったようです。
私の友人はヨハンが大好きだから呻いた理由も納得です。


「Sinブルーアイズホワイトドラゴン」とか「Sinレッドアイズブラックドラゴン」とかも召喚しちゃうもんだから、初期遊戯王のドラゴンが好きだった私歓喜^^

まぁ雑魚だったけど。




最終的にパラドックスは「自分を生贄」にして金色のモビルアーマーみたいなドラゴンと融合しちゃうもんだからカオスでした。

遊戯王のお家芸であるマリクとバクラみたいな顔芸も披露してくれて私と友人大歓喜^^




「パラドックス倒すために星屑ドラゴン倒しちゃって良いですよ」って苦しんで言った遊星のために王様は星屑ドラゴンを無傷で取り返しちゃうから遊星は王様に惚れたのではないかとガチで思った。



結果、遊戯と十代のチートカードのお陰で遊星の星屑ドラゴンは攻撃力を4倍にして「攻撃力:10000」とかいうチートドラゴンに変身しました。

オベリスクの「攻撃力:∞」よりかマシとはいえ、これはどうなのwwww
映画でしか許されない強さです。


攻撃力10000の攻撃を受けてロンブーのパラドックスは見事に散りましたとさ。合掌。




お別れはとても感動的でした。
遊戯も十代も過去の人間なのに「また逢える気がする」っていう言葉は悲しすぎました。
でも遊戯王の主人公が「デュエルを信じ続ける限り逢える」って言うとその通りになりそうだから困る。



最後に3人が手を重ねるシーンがありましたが、このシーンのせいで私が記憶していたデュエルの内容は少し吹っ飛びました。


だって十代の上に遊星が手を乗っけるだけならまだしも、手を優しく握るんだもの・・・王様も遊星の手握ったし何なのこれ
新しいCPに目覚めそうになってかなり自己嫌悪に陥りました。感動的なシーンで何考えてるの自分(´・ω・`)これは酷い



遊星が自分の世界に戻ってきた時に遊星に仲間たちが駆け寄ってくるシーンは殆どの人が吹いたはず。


何せ元キングの走り方がおかしかったから。


元キングはイケメンなのに動作が勿体無いな!!!



EDはかっこよかったです。
歌詞はどうやら化粧品のCMらしいけど良い曲です・・・かれこれ3時間延々リピートしてます。
↓入場者に配られる「Sin真紅眼の黒竜<シン レッドアイズ・ブラックドラゴン>」です。何でこいつをチョイスしたんだか。DSCF0046.jpg
普通に「Sinスターダストドラゴン」の方が欲しかった気がします。

友人曰く「使える状況が限られすぎていてあんまり使えないカード」のようです。
まさに人のカードを強奪するようなロンブーのパラドックスにしか使うことを許されないカードですね。


「このカードは通常召喚できない。自分のデッキから「真紅眼の黒竜」1体をゲームから除外した場合に特殊召喚できる。「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。このカードが表側表示で存在する限り、自分のほかのモンスターは攻撃宣言できない。フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する」

ATK/2400 DEF/2000



いまいち強いのかよく分かりませんね。ATKは精々生贄召喚モンスターレベルだし。DEFは確かに高いけど。
とても良い映画でした。49分でここまでのクオリティは凄いと思います。
製作者側は意図してるのか分からないけど、遊戯王好きなら明らかに笑うようなシーンもいくつかあったし。


何より作画が最高でした。
10周年だから気合の入れ方が違いますね。


そして私はドローシーンが大好きです。
カードをドローするシーンは10年前から変わらず美しいです。
デュエリストたちの指が一番美しく見えるシーンだと思います。
ただカードをドローしているだけなのにこんなに美しいのは遊戯王の特権ですね。
他のカードゲームアニメには真似できないと思います。



ところでこの映画3Dだったんですよ。
初めての3D映画は「アバター」じゃなくて「遊戯王」だったていうことを私は死ぬまで誇りに思い続けることだと思います。

ぶっちゃけ3Dは無くても良いと思ったけど。
まぁでも新鮮な感じがして面白かったです。



とりあえず十代可愛いよ十代



もう一回観に行きたいです。でも多分行かないんだろうなぁ。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://haro00.blog123.fc2.com/tb.php/271-70742c74
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。